モテる人の行動からマイルを貯める方法を学ぶ

モテる人の行動はたくさんあると思いますが、相手の話を聞くのが上手な人は恋愛が上手な人が多いです。恋愛に限らず、仕事でも「相手の話をきく」ということは信頼関係を築くのに非常に重要な行動です。
人の話を上手に聞くことができるようになると、ポイントサイトの友達紹介もスムーズにできるようになり、マイルを貯めることにつながります。

本記事では「7つの習慣」の中の「第5の習慣 理解してから理解される」という習慣に関連付けて、上手に相手の話を聞く方法を考えていきます。

7つの習慣

一番分かりやすい例が女性の恋愛相談です。

女性が相手に相談するときにはすでに答えが決まっていて、「ただ話を聞いてほしいだけだ」というのは、よく言われる話です。

これは相手から意見が欲しい行動ではなく、基本的には自分のことを理解して欲しい行動です。
アドバイスを求めるのは、すでに自分のことを心から理解してもらっている人だけで、ほとんどの人からのアドバイスは求めていません。基本的に人は「自分のことを理解してほしい心情が強い」ということを知っておいてください。

では、聞く側の立場から考えてみましょう。

  • 話の途中で自分の話をする
  • 話の途中で自分の経験からアドバイスをする

聞く側の立場でこれらの行動をするのは、相手の心情を理解していない行動です。相手は自分を理解してほしくて話をしているのに、理解する前に自分の話をしてみたり、うんちくを語ってアドバイスしたりするのは逆効果です。

聞く側も自分の話がしたいので、相手のことを理解する前につい口を挟んでしまいます。相手のことを考えると、まずはじっくりと相手の話を聞き、相手の考えていることを理解するように努力すると相手から信頼してもらえます。自分からアドバイスや意見をいうのは、相手に信頼してもらってからです。信頼してもらっていないのに、アドバイスをしたところで何も聞き入れられませんし、逆に相手が怒ったりすることさえあります。

仕事も同様です。上司が部下から信頼される方法は、部下の考えていることを真剣に理解することです。本当の意味で理解するためには部下が何を考えているかじっくりと聞いてみることが重要。頭が良すぎる人は話を少し聞いただけで、自分の経験から頭の中で話を組み立てすぐに結論を出してしまいます。しかし、それは相手から信頼される行動とはまったく違います。部下はまず自分のことを理解してほしいのです。

親が子供と接する場合も同様です。小さな子供ほどボキャブラリーも少なく、自分の考えを言葉で表現できません。だから、体で表現してしまうこともあります。そんなとき、頭ごなしに叱ったり、「こうしろ、ああしろ」と言うのではなく、「なぜこんなことを言っているのだろう。なぜこういう行動をするのだろう」と考え、理解するように努力するとうまくいきます。

7つの習慣の「第5の習慣 理解してから理解される」は、まず相手を理解する習慣をつけようという話です。相手のことを理解して、ようやく自分の話を聞いてもらうスタートラインに立つことができます。

ポイントサイトの友達紹介が100%成功するのは、
相手の話を聞いて相手のことを理解し、相手からも信頼を得た後に、相手の悩みを解決する手段としてポイントサイトの利用を提示する場合
です。

この条件を満たしたときは友達紹介の成功率100%になります。

次回は「マイルでシナジーを生み出す」という話をします。7つの習慣のうち「第6の習慣 相乗効果を発揮する」に関連した話です。

マイレージ獲得メール講座(無料)

mail

名前(姓)

メールアドレス

メールアドレス(確認)

※登録したメールアドレスに、確認のメールをお送りします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す