モバイルバッテリー

空港で荷物を預けるときに危険物として、ライターやマッチを一緒に、必ずモバイルバッテリー(リチウムイオン電池)が入っていないか確認されます。
危険物といっても、預けることができないのは、発火・爆発の恐れのあるものです。
逆にハサミ、カッター、ナイフなどの人に危害を加えることができる凶器は機内に持ち込むことができず、荷物で預け入れなければいけません。

近年、スマホやタブレットの普及により、モバイルバッテリーを持って飛行機に搭乗する人が激増しました。
普通にスマホを使用している分には、1日くらいはバッテリーが持ちます。しかし、Youtubeをみたり、ポケモンGOのような位置情報(GPS)と重いグラフィック処理を必要とするゲームをプレーしていると、一気にバッテリーを消費し、半日もバッテリーがもちません。
これまでスマホのライトユーザーだった人でも、モバイルバッテリーを持ち歩く人が増えました。ポケモンGOブームでAmazonでも一時的にモバイルバッテリーが品不足になり、価格が高騰していたほどです。

そのモバイルバッテリーですが、飛行機搭乗の際のルールが厳格に規定されています。大事故につながる可能性のあるものだからです。原発事故のように、人は大事故が起こると騒ぎ出します。でも、事故が起こってからでは遅いのです。ほとんどの人はこのルールを知らないので、航空会社はもっと徹底して呼びかけてほしいと思います。

本記事では、機内に持ち込めるバッテリーと手荷物預け入れできるバッテリーのルールについて説明します。

目次

モバイルバッテリー機内持ち込みルール

モバイルバッテリーの機内持ち込みルールを一覧にしました。国内の航空会社は同じルールです。
迷ったら、この表をご覧ください。

モバイルバッテリー機内持ち込みルール

ポイントは大きく2つ押さえておきましょう。

  • モバイルバッテリー単体の場合、手荷物預け入れは不可
  • 160Whを超えるモバイルバッテリーは機内持ち込み、手荷物預け入れ共に不可

細かい疑問について解説していきます。

なぜモバイルバッテリー単体だと手荷物預け入れできないのか?

モバイルバッテリー単体だと容量に関わらず、手荷物預け入れができません。

リチウムイオン電池は衝撃や温度変化、湿度変化などの外的要因によって、発火や爆発のリスクがあります。もちろんリチウムインバッテリー単体の商品として保証されているのですが、預け入れした荷物はかなりの悪環境で運ばれます。だから、預け入れが禁止されています。

なぜ機器に内蔵されたモバイルバッテリーは手荷物預け入れできるのか?

リチウムイオン電池の入ったノートパソコンやデジタルカメラなどは手荷物預け入れができます。
理由はノートパソコンやデジタルカメラなどはバッテリーをいれた状態で、厳しい基準で安全性が保証されているからです。そこが単体のモバイルバッテリーとの違いとなります。

160Wh以下のモバイルバッテリーとはどんなものか?

まず、Wh(ワット時)のついてですが、モバイルバッテリーにこの値が直接記載されているわけではなく、計算する必要があります。

ワット時定格量 Wh = 定格定量 Ah × 電圧 V

定格定量と電圧はモバイルバッテリーに記載されています。

モバイルバッテリーの電圧は大抵3.7Vです。

例えば、Amazonで一番人気の次のモバイルバッテリーで見てみましょう。

13000mAhで3.7Vなので

13000mAh / 1000 × 3.7V = 48.1 Wh

となります。余裕で160Wh以下です。

160Whから逆算すると、43,243mAh以上のモバイルバッテリーでないと、160Whになりません。43,243mAhのモバイルバッテリーなんて正直見たことがありません。あるとすれば業務用です。というわけで、160Whの制限はあってないような規格ですので、基本的にはまったく気にする必要はありません。

100Whを超えるモバイルバッテリーもほとんどないと思ってOKです。

次の大容量モバイルバッテリーでも100Whを超えません。100Whを超えないようにつくっているのでしょう。

160Whを超えるモバイルバッテリーを輸送する手段は?

普段の生活の中で160Whを超えるモバイルバッテリーを扱うことはありませんが、160Whを超えるリチウムイオン電池はどうやって空送すればいいのか疑問が残るところです。もちろん輸送できます。

禁止されているのは旅客機輸送です。つまり、人を運ぶ目的の飛行機に乗せることができないということです。

荷物を運ぶ目的の貨物機での輸送は可能です。包装物に貨物機専用取扱いラベル(CAO ラベル)の貼付が必須であったりと、取り扱いに注意する必要はあります。

まとめ

スマホやタブレットの充電などに使っている普通のモバイルバッテリーは機内に持ち込みましょう。間違ってもスーツケースに入れて預けてはいけません。検査中に見つかると、取り出すように指示され、他の乗客にも迷惑をかける場合があります。というよりも事故が怖いですしね。

160Whを超えるモバイルバッテリーを持っている人はほとんどいないと思って間違いないので、気をつけるのはモバイルバッテリーをスーツケースに入れて預けないことだけです。

雑記

dpoint000

iPhoneの登場以降、あっという間にスマートフォンが世界中に普及しました。私はiPhoneアプリ開発がしてみたくて、初代iPhoneからもっています。スマートフォンがこれだけ普及してくれたおかげで、収入も増えましたし、マイルも貯めることができるようになりました。間違いなく人生を変えてくれた、そしてこれからもお世話になるデバイスです。

スマートフォンが普及したのはいいのですが、日本で問題になっているのが高額なデータ通信費です。ガラケーを使っていた時代と比べて、3大キャリア(docomo、au、softbank)のデータ通信費が格段にアップしました。

MVNO(無線通信インフラを持たずに、docomoやauの通信インフラを借りて音声通信やデータ通信のサービスを提供する事業者)など、色々な選択肢がでてきて通信費を削減することはできますが、MVNOをうまく利用できるのは一部の利用者だけだと思います。

docomoスマートフォンの端末代や音声・データ通信費は実質無料にすることが可能なので、複雑、かつ通信速度が安定しないMVNOを頑張って使うよりも、docomoの利用料を無料にする方法をマスターしたほうが楽です。

本記事ではまずdocomoスマートフォンの端末代、音声・データ通信料を実質無料にする方法を紹介します。
合わせて、近い将来、スマートフォンのデータ通信料実質無料を謳ってビジネスをする企業が次々にでてくることを予想します。そのためのビジネスモデルを説明します。

docomoスマートフォンの端末代、音声・データ通信料を実質無料にする方法

docomoスマートフォンの端末代、音声・データ通信料を実質無料にする方法は単純です。

2015年12月1日に始まった「dポイント」を使います。

dpoint001

dポイントは携帯端末代やXi/FOMAの基本使用料、国内通話通信料、パケット定額料、付加機能使用料(一部除く)に利用することができます。
毎月パケット代が2万円かかるとしても全部dポイントで支払うことが可能です。

では、あとはdポイントを貯めればいいだけという話になります。

一般的にはdカードGOLDでケータイ料金を支払うと10%のdポイントが貯まるので、docomoユーザはdカードGOLDを持つメリットはあります。普段使いカードとして利用すると、そこそこdポイントは貯まります。

dpoint002

しかし、クレジットカード利用だけで端末代、音声・データ通信料すべてを賄うことは正直不可能です。

ここで利用するのがポイントタウンです。

dpointo003

ポイントタウンのポイントはdポイントに交換することができます。

dpointo004

ポイントタウンのポイントは20pt=1円の価値、dポイントは1pt=1円の価値ですので、交換レートは等価です。

ポイントタウンは運営会社のGMOメディアが東証マザーズに上場する前くらいから非常にポイントを貯めやすいポイントサイトになりました。上場に向けて、サービスの質を向上させたのだと思います。

本記事を書いている時点で、私はポイントタウンのポイントを20,146,032pt(=1,007,301円相当)保有しています。

pointown201606

毎月携帯代が20,000円だったとしても、ポイントタウンのポイントは毎月400,000ptしか使いません。ポイントタウンでポイントを貯めて、dポイントに交換し、docomoの携帯代を支払うことができます。
スマートフォンの端末代が100,000円だったとしてもポイントタウンのポイントは2,000,000ポイントです。頑張れば端末代を無料にすることも十分可能です。

ポイントタウンでのポイントの貯め方はANAマイルを貯めるときのポイントの貯め方とまったく同じ要領でいけます。

(本記事執筆時点で)ポイントタウンは成長力のあるポイントサイトですので押さえておきましょう。

スマートフォンのデータ通信料を実質無料にするビジネスモデル

さて、ここからは私が近未来を予想します。

そのキッカケが2015年12月に設立されたエコノミカルという会社が始めるロケットモバイルというMVNOサービスです。

rokemoba001

このMVNOサービスの売りは回線速度200kbpsで月額298円、通信容量無制限の「神プラン」です。
しかし、注目すべきはそこではありません。

rokemoba002

ロケットモバイルはポイントサイトの仕組みを取り入れたことです。ロケモバポイントというポイントをつくり、アプリのダウンロード、会員登録、アンケートなどでポイントが貯まるとしています。そして、貯めたポイントは通信費に充てることができます。

ロケットモバイルはMVNO事業にポイントサイトのエッセンスを取り入れたわけです。

このビジネスモデルを展開できるのは、MVNO会社だけではありません。ポイントサイト運営会社もこのビジネスモデルを展開できます。すでに多くの会員数を抱えているポイントサイトがMVNO事業に参入することは結構筋がいいと思います。

ポイントサイト運営会社の規模が大きいポイントタウンを運営するGMOメディアや、げん玉を運営するリアルワールド辺りは早い時期にMVNO事業に参入してきてもおかしくありません。

どうせならポイントサイト運営会社には既存MVNOとは異なるユニークなプランを出してきてほしいですね。たとえば、モバレコの超高速独占プランのように、パンチの効いたプランを。

mobareco001

最後に

ロケットモバイルのビジネスモデルを参考にして、既存のMVNO事業を展開している会社はポイントサイトのエッセンスを取り入れてくるでしょうし、ポイントサイト運営会社はMVNO事業をスタートする可能性があります。

ロケットモバイルの最安値プランの月額298円くらいだったら、アプリのダウンロード、会員登録、アンケートだけでもポイントですべて賄うことができると思います。しかし、回線速度200kbps程度ではSNSやメールくらいしか実用性はありません。動画はまともにみることはできません。

私としてはポイントタウンでポイントを貯める力を身につけて、docomoでいつでも快適にスマートフォンを利用するのが現時点ではベストだと考えています。

雑記

moneyfoward001

陸マイラーにとって欠かせないのが貯めたマイルやSKYコインの管理とポイントサイトのポイントの管理です。マイルに関しては大して手間ではありませんが、ポイントサイトのポイントの管理は非常に面倒です。

昔、各種ポイントサイトに定期的に自動ログインして、ポイントを集計して管理するサーバ型の便利ツールを自作でつくったことがあります。しかし、セキュリティに多少配慮していたとはいえ、パスワードをサーバ上に置くことになるので、私の拙いセキュリティの知識では一抹の不安があり、結局運用しないままお蔵入りにしました。

セキュリティレベルの高いサービスがあれば有料でも利用したいなと思っていて、密かに前から目をつけていたクラウド型の資産管理サービスの「マネーフォワード(MoneyFoward)」を利用してみたところ、マイルの管理とかポイントサイトのポイントの管理とかそういう次元ではなく、資産管理が驚くほど便利でしたので紹介します。

マネーフォワードがサービスインした直後よりも数十倍便利になっていたことに驚かされました。速攻、有料課金(iPhoneからだと月額480円、Webサイトからだと月額500円)して、制限のない有料会員になってしまいました。

本記事ではマネーフォワードの便利さと利用する際の注意点を紹介し、最後にマネーフォワードの将来についても少し考えてみたいと思います。

[目次]

  1. マネーフォワードとは
  2. マネーフォワードの安全性と利用する際の注意点
  3. マネーフォワードのプレミアム会員
  4. まとめ

マネーフォワードとは

moneyfoward003 moneyfoward002

マネーフォワードとはクラウド型の資産管理、兼、家計簿ツールです。

マネーフォワードに銀行口座、証券口座、クレジットカードなどのWebログイン情報を登録しておけば、家計のお金の流れがすべて可視化できます。また、マイルや電子マネー、ポイントサイトのポイントまで一括で管理することが可能です。対応機関はなんと2590社にもなります。ポイントサイトはまだまだ少ないですが、ポイントタウンやげん玉などの大手は対応しています。

moneyfoward004私は主に資産管理ツールとして利用していますが、家計簿ツールとしても非常に優秀で、レシートをスマホで撮影すると買い物履歴を自動的に登録することも可能です。毎月の入出金履歴をみて、出費の多い月があった場合は、その中身をみて確認することができます。お金の出入りを可視化することで体重記録ダイエットと同じように、無意識に節約できるようになると思います。

これから資産管理をきっちりしたい、家計簿をつけたいという方には絶対にマネーフォワードをオススメしたいと思います。

ただ、一つだけ気にになるのはセキュリティ面です。

マネーフォワードの安全性と利用する際の注意点

moneyfoward005
マネーフォワードを利用する上で最も気になるのがセキュリティ面です。銀行口座、証券口座、クレジットカード口座等を一括で管理するわけですから当然です。

ただ、金融機関のシステムと同レベルのセキュリティが施されていますので、ある程度の信頼感はあります。

一つだけ注意したいのが、
マネーフォワードへの登録は必ず、メールアドレスとマネーフォワード専用パスワード(最大100桁まで設定可)で行う
ということです。
GoogleアカウントやFacebookアカウントでも登録することも可能ですが、これはセキュリティ上よろしくありません。必ず専用パスワードを設定できるメールアドレスとできるだけ長いパスワードで登録しましょう。

ちなみに、マネーフォワードへは銀行のログインパスワードは登録しますが、出金するためのパスワードは登録しないので、他人の口座へ不正に送金されることはありません。どちらかというと、仮に口座残高が1億円であることがバレてしまったとすると、リアルで強盗に入られるリスクのほうが高い気がします。

マネーフォワードはスマホでも利用できるのですが、スマホを落としたときのために、マネーフォワードのスマホアプリの自動ログインはOFFにしといたほうがいいかもしれません。

マネーフォワードのプレミアム会員

マネーフォワードのビジネスモデルとして、月額課金の有料会員制度を設けています。Webから登録すると月額500円、iPhoneから登録すると月額480円です。

次のようなメリットがあります。

プレミアム会員 無料会員
閲覧データ マネーフォワードに登録されている過去データすべて 過去1年間分のデータ
機関登録数 無制限 10件まで
データ更新 ボタン1つで一括更新 1件ずつ手動

その他、

  • 広告の非表示
  • グラフで資産に見える化
  • 口座をグルーピング
  • マンスリーレポート
  • 専門家からのアドバイス
  • ライフプラン設計
  • 優先サポート

などなど、月会費を払うだけの価値は十分にあります。私は速攻、プレミアム会員になりました。

まとめ

マネーフォワードのようなサービスは日本では遅れていて、アメリカではかなり進んでいます。アメリカではフィンテック(ファイナンス+テクノジーの造語)が賑わっていて、ようやく日本でもいくつかサービスが登場しはじめました。マネーフォワードやビットコイン関連のサービスなどはフィンテック関連の動きです。

マネーフォワードのようなサービスはこれからどんどん投資される分野で、成長性があるのは間違いありません。今後、マイレージに関連するポイントや電子マネーとも幅広く連携していくことになるでしょう。

ぜひ一度試してみてください。

雑記

ana_strategy001

「ANAマイルは貯めやすい」というのが、陸マイラーのみならず、一般的に浸透していることかと思います。私の友人・知人の間でポイントサイトやソラチカカード特典を知らない人でさえ、JALよりもANAのマイルを貯めている人のほうが多いです。

感覚的には理解していましたが、今回、その理由がITMediaによるANAへの取材により明らかになりました。なんとなくANAマイルのほうが貯めやすいのではなく、ANAのしっかりとした戦略の元、そうなっているのが分かりました。

本記事では、インタビューから分かったANAのマイレージ戦略を説明し、個人的なANA・JALの今後のマイレージ戦略の方向性予測についても紹介します。

<目次>

ANAの迫られたマイレージ戦略転換

ana_strategy002

ANAがマイレージに関する戦略を本格的に変更した転機は2002年のJAL(日本航空)とJAS(日本エアシステム)の経営統合だったそうです。2002年以前は「国際線のJAL、国内線のANA」と言われていたのはご存知でしょう。国内線はシェアの半分をANAがとり、残りをJALとJASが分け合うという状況。しかし、JALとJASが統合することで、国内線でも同等のシェアとなり、国際線ではJALに勝てないという状況になりました。フライトでしかマイルを貯めることができない状況では、国内線、国際線の総合力でANAはJALに勝つことができないと、ANAは結論付けました。

そこでANAが考えたのが
マイレージプログラムを身近にする
という発想です。

もう少し噛み砕くと、
マイルを貯める機会、使う機会を増やす
ということです。

そのための初めの戦術が実は電子マネー「Edy」との連携でした。

ANAマイルとEdyの深い関係

ana_edy

ANAのマイレージのビジネスモデルは大きな転換点を迎えます。

ANAマイルをEdyに交換して、特典航空券以外に使えるようにするというのは当時の大きな決断だったと思います。それまではマイルは特別な存在で、フライトでマイルを貯めるか、ANAのクレジットカードで貯めたポイントをマイルに移行するというルートしかなく、使い道も特典航空券へ交換するしかありませんでした。

そこに新しい逆方向のルートが加わります。それがANAマイルからEdyへの交換です。電子マネーEdyが普及することに関しては、当時それほど疑わしいものではありませんでした。全国に広がるであろうEdyを使って、ANAのマイルを一般的に浸透させようというのが、ANAの新しい狙いでした。

この方針はANAの社内では大きな反対勢力があったと予想されます。これまで守ってきたビジネスモデルを変更するわけですから、それは容易に想像できます。JALとJASの統合で危機感を煽り、社内を説得したのでしょう。このビジネスモデルを推し進めた担当者には敬意を表します。

結果はご存知のとおりです。ANAマイルとEdyの連携により、日本では、ぐっとANAマイレージの知名度があがり、身近になってきました。もちろんEdyとの連携だけではなく、電子マネー、各種ポイントと連携することで、まさにANAが目指したGoalへ向かっています。

ではANAの戦略は成功したと言えるのでしょうか?

ANAのマイレージ戦略は成功したのか

現在、Edyだけではなく、相当な種類のポイントとANAマイルを相互交換できるようになっています。

私がANAマイルを溢れるほど貯めることができるようになったキッカケはポイントサイトのポイント交換先にANAマイルが含まれていたからです。(潜在意識に擦り込まれていました。)

ソラチカカードの出現によって、ANAマイルを貯めるスピードは格段にあがったのはラッキーでしたが、ソラチカカードがなかったとしても、ANAマイルを貯めていたかもしれません。

ANAが戦略として思い描いていた「マイレージプラグラムを身近に」という世の中になってきています。

マイルを貯めるなら「JALよりANA」と思わせることができればANAの戦略は成功したといえます。事実、私自身は圧倒的にJALよりもANAのほうがマイルを貯めやすいと思っています。

今後も、様々なポイントとマイルを連携させる戦術は続けていき、「マイレージプラグラムを身近に」というスローガンは継続していくのではないでしょうか。

今の日本国内の現状をみると、個人的にはANAの戦略は成功したと考えています。

ANA・JALの今後のマイレージ戦略の方向性予測

ana_strategy003

ANAの戦略は少なくとも日本では根付いてきており、2015年からはJALがANAを追従しはじめました。徐々に徐々にですが、JALマイルも身近な存在になり始めています。

つまり、今後も、ANA、JALは他のポイントや電子マネーを取り扱っている企業との連携をますます強める方向に向かっていくと推測されます。特にJALはここ2、3年で、巻き返しをはかっていく必要があります。

最後に

ANAのマイレージを貯めやすくなったと感じることができるようになったのは
「マイレージプログラムを身近にする」
というANAの方針のもと、行われてきたことが分かりました。

この流れは今後も継続していくはずです。私もマイレージのビジネスモデルに関しては継続してみておくようにします。

メール講座でも随時最新情報を発信していきます。

雑記

hapitas_smartphone000

当サイトのユーザアクセスをみていても、スマホとPCのアクセス数は半々です。当サイトはまだPCからのアクセスが多い方で、サイトのジャンルによってはスマホからのアクセス数が圧倒的に多い場合があります。時代の流れを感じます。

さて、最近はレスポンシブルデザインといって、パソコンでWebページを開いたときの表示と、スマホでWebページをひらいたときの表示を切り替える仕様になっているWebページが圧倒的に多くなってきています。Googleからも「スマホ表示に対応していないWebサイトは検索順位をさげる」という指針がでているので、今後ほとんどWebサイトが確実にパソコンとスマホで表示方法を変えるようになります。

確かにスマホ専用の表示はスッキリして、表示が見やすいことも多いのですが、困ったことにスマホ表示はパソコン表示と比べて、情報量が少なくなっていたり、そもそもパソコン表示では利用できていたサービスが、スマホ表示では利用できなくなったりします。

例えば、2015年12月にスマホページのでデザインを完全リニューアルしたハピタスです。

すっかりデザインが変わってしまいました。そして、利用できるサービスも大幅に変更になっています。

hapitas_smartphone001

特に
みんなdeハピタスポイントがどこにも見当たらない!!!
という問題が。

システムが変わらない限り半永久的に月5千~1万マイル貯める方法
を実践する上で大問題です。

そもそもなくなったのか、階層深くに入り込んでしまったのか・・・とにかくこれまでのようにトップページからアクセスできなくなったのは間違いありません。これはスマホをメインで使っていて、マイルを貯めている人にとっては大打撃です。

私はMacを常に持ち歩いていますし、家ではデスクトップPCを使っているので、何の問題もないのですが、困っている人も多いのではないでしょうか。

ということで、本記事ではスマホでもパソコン表示する最良の方法を紹介します。これでみんなdeポイントも利用できるようになります。

iPhoneでPCサイトを閲覧する方法

Appleが用意した方法として、Safariには標準で「デスクトップ用サイトを表示」という機能が搭載されています。

iOS9で説明します。

SafariでWebサイトを開いたあとに、上のURLをタップすると、下にナビゲーションが表示されます。そのナビゲーションの真ん中のアイコンをタップします。

hapitas_smartphone003

すると、「デスクトップ用サイトを表示」というメニューがあります。

hapitas_smartphone002

これをタップすると、PC表示に変わります。

しかし、サイトによってはこの対応をしても、PC表示になりません。
ハピタスはPC表示できないサイトの一つです。GetMoney!やげん玉はPC表示できます。

そこで、確実な対策を紹介しておきます。

対策としてはSafari以外のブラウザアプリを使うことです。

hapitas_smartphone004

いくつか選択肢はありますが、例えば「ドルフィンブラウザ」というアプリ。

hapitas_smartphone005

http://sp.hapitas.jp/
にアクセスすると、スマホ表示となりますが、下のメニューからデスクトップモードに設定しておいて、

hapitas_smartphone006

http://hapitas.jp/
にアクセスするとPC表示となります。
※ハピタスの場合は、デスクトップモードに設定しなくても、上記URLに直接アクセスすると、PC表示になりますが。

iPhoneユーザは基本的にSafariを利用するのが一般的だと思います。ドルフィンブラウザを常用ブラウザにすることはちょっと考えにくいので、サイトに合わせた使用になると思います。

AndroidでPCサイトを閲覧する方法

Android端末は現在タブレットしか保有していないので、スクリーンショットはありませんが、AndroidもiPhone同様に、標準ブラウザのGoogle Chromeにデスクトップ表示機能が備わっています。

そして、ChromeでもPC表示できないサイトがあります。

しかし、ドルフィンブラウザはAndroid版もあるので安心してください。

hapitas_smartphone007

Androidでは常用ブラウザはChromeかと思います。やはりドルフィンブラウザを常用ブラウザとして利用するのは考えにくいので、サイトに合わせて使用するようにしましょう。

まとめ

スマホ全盛時代となり、スマホ表示とPC表示を切り替えることが一般的になってきました。ところが、スマホは画面が小さいため、見やすさを優先して、PC表示と比べて情報量や提供サービスを制限する場合が多々あります。

本記事を書いている時点では、iPhone、Androidともに「ドルフィンブラウザ」というアプリを使用すれば、スマホでもPC表示可能です。(今後使える保証はありません。また、Windowsスマホは未確認)

最後に。
個人的な見解としては、OS標準のブラウザアプリ(iPhoneのSafariやAndroidのChrome)の機能で表示を切り替えられないようなWebサイト設計にするのはユーザフレンドリーではないと思っています。

スマホとPCの境界がなくなってきている今、スマホの狭い画面であってもPC表示のまま見たい人も多いはずです。それだけスマホのタッチパネルのフリック、ピンチアウト、ピンチインの操作性は素晴らしいものがあります。

私も今後、Webサイト設計をする際には気をつけていきたいところです。スマホ表示とPC表示を安易に切り替えることができるだけのテンプレートは使用しないようにします。

雑記