ライフマイルリニューアルに関して

ライフマイルが2015年10月5日にポイントサイトとしてのサービスを終了し、ポイント交換サイトにリニューアルすることが発表されました。

lifemile_close001

http://www.lifemile.jp/info/information.html

ライフマイル運営会社のリアルワールドはこれまで「げん玉」と「ライフマイル」の2つのポイントサイトを運営してきましたが、ハピタスやGetMoney!などと類似のポイントサイト機能は「げん玉」に一本化することになります。

詳細な変更点はライフマイルのページで確認ください。

ここではマイルを貯めるという視点で、リニューアルのポイントをまとめます。
リニューアルまでに方針が変更になったりもするので、本記事はリニューアル完了まで、随時更新していきます。

ANAマイルへのポイント交換ルート

ANAマイル交換ルートが変更になります。従来のANAマイルへの交換ルートとリニューアル後の交換ルート予想を示します。

従来のANAマイル交換ルート

lifemile_renewal001

私がライフマイルを推奨してきた理由の一つとして、ライフマイルのANAマイルへの交換キャンペーンがありました。

詳細はこちら
これからANAマイルを貯めるならライフマイルが絶対に見逃せない3つの理由

リニューアル後の交換ルート予想

次のルートがリニューアル後の交換ルートのベストシナリオです。

lifemile_renewal002

今回のリニューアルのポイントの一つはリアルワールドのポイントが新生ライフマイルのポイントに交換できるかどうかです。このルートが確保されないと、リアルワールドのポイントはPeXポイントに交換できなくなってしまいますので、ANAマイルへの交換率が大幅に下がります。PointExchangeからPeXポイントには交換できないのです。

リニューアルしてからではないと結果は分かりませんが、現時点での私の予想としては、「新生ライフマイルへのルートが確保される」ほうが優勢です。

PeXは利用者が多いので、リアルワールドポイントをPeXポイントに交換するルートは確実にあったほうがいいのは間違いありません。しかし、PeXと類似のPointExchangeを運営しているという大人の事情で、PointExchangeからPeXへのポイント移行ができなくなっているのでしょう。

PeXというサイトを経由することでPeXに交換できるルートを確保するというのは戦術的にはアリです。ライフマイルは元々サイバーエージェントからリアルワールドが買ったサービスなので、そのあたりの大人の事情をうまく回避しているのかもしれません。

また新生ライフマイルへの交換ルートが確保されると、副次的な効果として、げん玉ポイントからPeXポイントへの交換ルートが新しく誕生することになります。そうすると、げん玉が一気に推奨サイトの上位に浮上してきます。

友達紹介制度

ライフマイルがリニューアルされると発表された9月初旬時点では、友達紹介制度は消滅し、紹介者と被紹介者のつながりは切れることになっていました。

しかし、9月18日に突然方針が変更されました。

10月5日~10月31日までにリアルワールドへ移行したお客様同士の、友達関係は引き継ぎ可能。

友達紹介制度は会員数を拡大していく上での要となる制度だと私は考えています。友達紹介制度の充実していないポイントサイトは流行っていないのは確実ですし、これまでに上場したポイントサイト運営会社は友達紹介制度が充実しています。

また、リニューアルに伴い紹介者と被紹介者の関係を切ってしまうようなことをしてしまうと、確かに一時的には運営会社の利益は増えますが、会社としての信用はガタ落ちするでしょう。誰も紹介してくれなくなり、長期的にみると、そのサービスは衰退していくはずです。そのあたりを鑑みて、方針を変更したものと予想しています。

私も9月初旬に発表があった時点では、紹介を完全に中止するつもりでした。しかし、この方針変更の発表があり、もう一度考え直すことにしました。

新たに誕生するリアルワールドの友達紹介制度ですが、現段階ではげん玉の友達紹介制度と類似のものになるようです。特に注目なのは3ティア制度を導入するということ。

げん玉の3ティア紹介制度は次のようになっています。

lifemile_renewal003

3ティア制度とはあなたが紹介した友達が、さらに紹介した友達が貯めたポイントの数%がもらえるという制度です。

私の予想としては、げん玉とまったく同じ制度が導入されるのではないかと思います。
理由は、
「元々、リアルワールドはライフマイルの友達紹介制度を引き継ぐ予定はなかったから、新しくシステム設計する時間がない」
からです。
おそらく時間の関係で既存システムを流用するしかないと思われます。ライフマイルの既存システムは将来的に捨てる予定だと思いますので、リアルワールドが今すぐに流用できるとするとげん玉のシステムくらいしかありません。

システム設計者視点で予想するとこんな感じです。

まとめ

時代の変化、制度変更に柔軟に対応することは非常に重要です。

新生ライフマイル、そして、新生リアルワールドがどのようになるかは、10月のリニューアルで分かります。私としても、リニューアルが完了した時点ではっきりとした方針を皆さまに提示いたします。

今回のようなこともありますので、新生リアルワールドを含め、下記のポイントサイトをしっかりと使い分けるようにしましょう。

マイレージ獲得メール講座(無料)

mail

名前(姓)

メールアドレス

メールアドレス(確認)

※登録したメールアドレスに、確認のメールをお送りします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

6件のコメント

  • てつわん123

    いつも参考にさせて頂いてます。
    各ポイント獲得のサイトでのショッピングの際のカードとANAのゴールドカード使用で良いでしょうか?

    • mileagepro

      どういう意味でしょうか・・・?

  • せんな

    リアルワールドのポイントはPeXポイントには交換できないんでしょうか?リアルワールドのサイトにはPeXポイントへの交換は記載がありません。

    • mileagepro

      交換できますよ!
      リアルワールド⇒ライフマイル⇒PeX
      です。

  • せんな

    ライフマイルへの登録はどこからできるのでしょうか。登録できるページが見つからないのです。

    • mileagepro

      ライフマイルはリアルワールドにサービス変更になってしまいました。
      リアルワールドの登録はこちらになります。

コメントを残す