宿泊モニターでマイルを貯める時代がやってくる

a1790_000002

現在記事を書いているのが2015年8月13日。近い将来の予測になりますが、おそらく「宿泊モニター」でマイルを貯める時代がやってきます。
※宿泊モニターとは宿に無料で招待するかわりに、宿泊レポートや宿泊写真を提出するモニターのことです。

ネットエイジア株式会社が2015年に全国30歳〜59歳のビジネスパーソン2,000人にリサーチしたリサーチ結果の中で、今後流行しそうな旅テクニックの第5位に「宿泊モニター」がランクインしてきています。

<今後流行しそうな旅テクニック>
1位:切符・旅行券でネット割を利用
2位:航空会社のバーゲン・セールを利用
3位:ふるさと旅行券を利用
4位:旅のワケありプランを利用
5位:旅の宿泊モニターになる
6位:ウェアラブル端末を使ってスムーズに搭乗
7位:マイルを貯めて特典航空券(無料航空券)と交換
8位:ソーシャル旅行サービス(トリッピースなど)を利用
9位:株主優待券を利用
10位:クチコミサイト(トリップアドバイザーなど)を利用

アンケートでここまでランキング上位に入ってきているということは、すでに結構利用している人がいるのかもしれません。

宿泊モニターのポータルサイトとしては
旅モニ
TABIMONI PREMIUM
があります。
会員数はいいペースで増加しているようです。

宿泊モニターでマイルを貯めるためには

宿泊モニターでマイルを貯めるためには、どんなサービスが登場する必要があるのでしょうか?

モニターでマイルを貯めるということでピンとくるのは、
楽しく食事をして感想を書くだけで月1万マイル貯める方法
です。

ポイントサイトは現在、リアルモニター、通販モニターが主流ですが、きっと近い将来、宿泊モニターが加わることになるでしょう。リアルモニター、通販モニターのビジネスモデルが出来上がっているので、宿泊モニターにビジネスを拡大することは難しくないと思います。しかも、ビジネスの拡大方法としても違和感がまったくありません。

多くのポイントサイトは株式会社ROIが展開するモニターシステムを利用しているため、実は宿泊モニターのサービスを株式会社ROIが導入できるかが肝になります。ROIが導入できれば、徐々にポイントサイトに展開されます。

まとめ

宿泊モニターは今後、流行する予感がするサービスです。

現在、株式会社デイリー・インフォメーションが提供する「旅モニ」「TABIMONI PREMIUM」くらいしかポータルサイトはありませんが、株式会社ROIあたりが宿泊モニターのサービスを始めると、一気に宿泊モニターがポイントサイトに広がります。ポイントサイトに広がれば、すべてマイルに交換できるようになります。今後に期待しましょう。

私はメール講座で引き続きフォローしていきます。

マイレージ獲得メール講座(無料)

mail

名前(姓)

メールアドレス

メールアドレス(確認)

※登録したメールアドレスに、確認のメールをお送りします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.