サイズアウトした子供服をマイルに交換する方法

baby_sizeout

サイズアウトした子供服(子供が成長してサイズが小さくなって着れなくなった服)はどうしているでしょうか?

  • 捨てる
  • 知り合いにあげる
  • 思い出としてタンスに眠らせる
  • フリーマーケットに出す
  • ネットで売る

基本的には捨てたり、知り合いにあげるという人が多いと思います。

ところがサイズアウトした子供服をマイルに変える方法が登場しました。

本記事では

  • サイズアウトした子供服をマイルに変える具体的な方法
  • 小さな子供がいなくてもサイズアウトした子供服を手にいれる方法

について紹介します。

サイズアウトした子供服をマイルに変える具体的な方法

今回もANAマイルをお金をかけずに月18,000マイル(年間216,000マイル)貯める方法で紹介している通り、「ポイントサイトポイント→PeXポイント→メトロポイント→ANAマイル」の王道パターンを使います。

今回利用するのはハピタスの運営会社Ozvisionが2015年秋からサービスインを計画しているfufu(フフ)というサービスです。
http://fufupre.webflow.io/

fufu_model

いわゆる子どもブランド服・フォーマル服専門のリユースショップで、ビジネスモデルとしては目新しくありません。Ozvisionが子供の古着を安く買い取って、販売するだけのものです。

但し、買取の際に現金ではなくてハピタスポイントで支払われるというのがポイントになります。サイズアウトして着ることができなくなった子供服、プレゼントで貰ったけど時期を逃して一度も着なかった子供服をマイルに変えてしまいましょう。

現在サービスインに向けて買取強化しているはずですので、結構いい値段で売れるかもしれません。

小さな子供がいなくてもサイズアウトした子供服を手にいれる方法

子育て世代はタイムリーにサイズアウトした子供服がたくさんあるかもしれませんが、子育てが終わった世代や未婚の方は子供服は手元にないと思います。諦めるのかというと、今の時代、色々と手に入れる方法はあります。いくつか方法を紹介しますので、行動力のある方はぜひチャレンジしてみてください。

ネットのフリーマーケットで買う

やはり今はネットでのC2Cの時代でしょう。
※C2Cとは一般消費者と一般消費者の間の取引

急成長しているフリーマーケットアプリは「メルカリ」です。

mercari001

簡単出品、簡単落札可能なシステムでフリーマーケット市場で圧倒的なシェアを誇るのがメルカリです。会員数もうなぎ上りに増えています。ベビー・キッズカテゴリにはたくさんの子供服が出品されています。fufu(フフ)の買取価格がまだ不明なので値段感覚がなかなか難しいですが、試してみる価値はあります。

リアルのフリーマーケットで買う

近所でフリーマーケットが開催されることがあると思います。意外と子供服を出している方もいますし、まとめ買いして、かなり安く手に入ることがあります。価格交渉とかできちゃうのもリアルのフリーマーケットの面白いところです。フリーマーケットは結構開催されていたりしますので、調べてみてください。

知り合いから貰う

なんといっても知り合いから貰うのが一番コストがかかりません。もし小さい子供がいれば、近所のママさんコミュニティに入って貰うのが一番です。お礼にご飯をご馳走したり、お菓子をもっていったりしてもいいですし、コミュニケーションがうまいママさんはいくらでも手に入ると思います。
ただ、やはり子供がいないおじさんが子供服をもらうのはメチャクチャ勇気がいりますね・・・

まとめ

今回紹介したサイズアウトした子供服をマイルに交換する方法は、特に子育て世代のママさんにオススメの手法です。
サイズアウトした子供服はfufu(フフ)に送って、ハピタスポイントで買い取ってもらいましょう。そして、ハピタスポイントはいつものように、ソラチカカード特典を利用して、ANAマイルに交換します。

マイレージ獲得メール講座(無料)

mail

名前(姓)

メールアドレス

メールアドレス(確認)

※登録したメールアドレスに、確認のメールをお送りします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す