ポイントサイト収入の確定申告

インターネットからの収入は、

  • 給与所得がある人は年間20万円以上
  • 専業主婦など給与所得がない人は年間38万円以上

で、確定申告をする義務が生じます。ただし、必要経費を差し引いた収入です。サラリーマンや専業主婦は普通は雑所得で申告します。個人事業主の届出をしていると大幅に減税されますが、確定申告もその分面倒になります。

ポイントサイトから得た収入の確定申告ですが、最近になってようやく認知されてきたアフィリエイトとは異なり、かなりの曖昧さが含まれています。税務署は「全国一律で判断基準は同じ」だと言わざるを得ないと思いますが、実情は各税務署によって判断は異なっていることが容易に推測されます。

疑問に思ったことがあれば、自分で判断したり、インターネット上の情報で判断するのではなく必ず税務署に問い合わせることが重要です。質問する際には対応してくれた職員の名前と議事録を記録しておくと、後々のトラブルも事前に防げるでしょう。

私が曖昧だと思っている項目についていくつか挙げておきます。

獲得ポイントの種類に関して

まず「どういう手段でポイントを獲得したか」で判断が分かれると思います。

100%還元などショッピングで獲得したポイント

ショッピングをするとポイントバックされるのがポインントサイトの一般的な利用方法ですが、このときポイントバックされたポイントは収入とみなせるのでしょうか。

3通りの意見があるようです。

  • 値引き、割引とみなす
  • 経費とみなす
  • 収入とみなす

値引き、割引とみなすという意見が多いようですが、経費とみなすという意見もあります。非常に難しいところです。ただ、そのまま収入とみなされることはないと思います。

クレジットカード、口座開設、保険相談に関して

クレジットカード作成、口座開設、保険相談に関しては非常に難しいところです。

これも3通りの意見があるようです。

  • 値引き、割引とみなす
  • 経費とみなす
  • 収入とみなす

個人的には収入にしても仕方ないかなとは思いますが、税務署も判断に困りそうな案件です。保険相談とか2時間くらい時間を拘束されるので、経費にしてくれてもいいかと思ったり。

友達紹介

友達紹介で獲得したポイントは間違いなく、「収入とみなす」でOKだと思います。アフィリエイトに近いので仕方ないです。友達紹介は獲得ポイントを伸ばすための欠かせない手段ですので、たくさん税金を納めないといけなくなるくらい友達紹介しましょう。

ポイント交換に関して

獲得したポイントを「いつ、何に交換するか」で判断が変わります。

現金や換金できるものに交換する場合

現金や換金できる商品券・ギフト券に交換する場合は確実に収入とみなされます。(ただし、ポイントの獲得方法次第ですが。)

マイルに交換する場合

ポイントサイトのポイントをマイルに交換した場合、収入とみなせるのでしょうか。

2通りの解釈があります。

  • マイルは現金や換金可能な商品券・ギフト券とは異なるので収入とはみなさない
  • 収入とみなす

判断が曖昧なようで、マイルは現金や換金可能な商品券・ギフト券とは違うので申告の必要なしという意見が多いようです。Amazonギフト券なんかは、ちょびリッチや金券ショップのように現金買取してくれるところがあるので、現金扱いになると思いますが、マイルは換金できませんからね。

ポイント獲得時か、換金時か

ポイントを「獲得したとき」に収入になるのか、ポイントを「換金したとき」に収入になるのかというと、これは間違いなくポイントを「換金したとき」でOKだと思います。
例えば、1億円分のポイントをくれても、毎月1万円しか換金できない規約になっているポイントサイトがあった場合、さすがに1億円の収入で申告する人はいないでしょうし、それを求められることもまずありえないでしょう。
ハピタスは毎月3万円までしか換金できませんので、MAX3万円の申告でOKということになります。

まとめ

ある程度まとまったポイントが貯まるようになると、確定申告が必要になってきます。確定申告は義務ですので、知らないでは済まされません。

ただ、ポイントサイトで獲得したポイントの扱いは多くの「曖昧さ」を含んでいます。分からないこと、判断に困ることがあれば、直接、税務署に問い合わせましょう。1つの税務署で納得の得られる回答が得られなかった場合は、他の税務署にも問い合わせてみてください。

マイレージ獲得メール講座(無料)

mail

名前(姓)

メールアドレス

メールアドレス(確認)

※登録したメールアドレスに、確認のメールをお送りします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す