ANAの公式Youtubeチャンネルから利用者の興味を探る

ana_youtube01

ANAは公式のYoutubeチャンネルをもっていて、たくさんの動画をアップロードしています。Youtube動画はみんなが興味のあるコンテンツ、面白いコンテツは、SNS等でも拡散して視聴回数が伸びます。ANAはこの視聴回数をみて、お客さんの興味を探ってマーケティングに活かせるわけです。

本記事では、2015年2月11日から遡って過去1年間にANAの公式Youtbuteチャンネルにアップロードされた動画から視聴回数が伸びている動画を調査し、お客さんの興味を探っていきます。そして、本ブログで今後作成していくコンテンツにも活かしていきます。

第1位 YOUR ANA もっとあなたのビジネスクラスへ。「機内」篇


第1位はANAのビジネスクラスをウェアラブルカメラ映像を多く用いたコンテンツです。公開2ヶ月で56万回再生されています。
ビジネスクラスという少し敷居の高いサービスへの興味と、GoProが世界中で流行らせたウェアラブルカメラ映像の合わせ技がヒットの要因でしょうか。

第2位 YOUR ANA もっとあなたのビジネスクラスへ。「格納庫」篇


第2位も第1位の動画と同時に公開された映像です。公開2ヶ月で52万回再生です。
格納庫編ということで、第1位の機内編よりは視聴回数が下がります。おそらく、機内編をみた流れで格納編をみた人が多いのだと思います。

第3位 春旅はANAで! ANA春旅応援セール実施中!


第3位は春旅応援セールの動画がランクインしました。なんと公開2週間で42万回再生です。
ちょっと高嶺の花的なビジネスクラスから一転して、やはり興味が強いのは現実的にお得な旅の情報ということでしょうか。お得に旅行したいという需要は圧倒的に強いですね。

第4位 YOUR ANA もっとあなたのビジネスクラスへ。「アプリ」篇


第4位も第1位、第2位と同時に公開されたコンテンツで、アプリ編です。42万回再生されています。
最近ではスマホ1台あれば、搭乗できます。ただ、ANAのアプリは個人的にはもう少し力を入れて欲しいなとは思っています。アプリを使うメリットがあまり多くないですし、マーケティングにもあまり利用されていない。ちょっともったいない感じがします。

第5位 「旅割・エコ割」篇


第5位は旅割・エコ割の動画がランクイン。32万回再生されています。
第3位の動画同様に「お得に旅行する」という需要の強さの表れです。

第6位 空の旅を支えるANAのプロフェッショナルたち


ANA職員のインタビューをはじめ、働く現場の声を動画にしたコンテツです。29万回再生されています。
個人的にはこういう現場の様子は興味がありますので、増やして欲しいコンテンツの一つです。ただ、まだまだ「造られた感」がありますので、もう少し親近感が欲しいところです。

第7位 ANA新制服、今冬デビュー!(30秒ver.)


ここで新制服の動画がランクインしてきました。23万回再生されています。
動画の主役はもちろんCAさん。たぶん企画した人たちは再生回数を狙ってこういうコンテツをつくったのだと思いますが、意外と伸びないものです。

第8位 YOUR ANA もっとあなたのビジネスクラスへ。「CA」篇

ビジネスクラスCA編は8位にランクイン。23万回再生されています。
CAさん目線のウェアラブルカメラ映像で面白いんですけど、やはりCAさん目線よりもお客さん目線のほうが気になりますよね。

第9位 タイムワープ編②

旅割のCM動画なんですけど、少し分かりづらい動画でした。それでも22万回再生されています。

第10位 YOUR ANA もっとあなたのビジネスクラスへ。「ラウンジ」篇

第10位はビジネスクラスシリーズのラウンジ編です。22万回再生されています。
空港でのラウンジ回りは私も結構好きなので、各空港のANAラウンジのウェアラブル動画はぜひ公開して欲しいところです。ANAスイートラウンジとか興味がある人も多いと思いますよ。

まとめ

2014年2月11日から遡って過去1年間のANA公式Youtubeチャンネルにアップロードされた動画を再生回数順に並べました。
再生回数が伸びている動画の特徴としては

  • ビジネスクラスのようにちょっと特別な空間への興味をそそるコンテツ
  • 旅割のように現実的なお得情報

が挙げられます。

マーケティングとしてはどちらも重要だと思いますが、私としては普段見れない場所やサービスのコンテツを充実させて欲しいですね。

マイレージ獲得メール講座(無料)

mail

名前(姓)

メールアドレス

メールアドレス(確認)

※登録したメールアドレスに、確認のメールをお送りします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す