87年前に初めて機内食をふるまった航空会社は?

1927年インペリアル航空(現ブリティッシュ・エアウェイズ)が
民間航空会社として、初めて機内食をふるまいました。
インベリアル航空でふるまわれた機内食は豪華なサンドイッチや
アルコールだったようです。

そのときの様子を紹介した映像です↓

ただ、1919年にハンドリー・ページ・トランスポート
(現ブリティッシュ・エアウェイズ)がロンドン – ブリュッセル線
で提供した機内食が世界初だとも言われています。
どちらも現在はブリティッシュ・エアウェイズになっています。

さて、機内食は差別化の要素になってきています。
特にファーストクラスは高級レストランが空を飛んでいるような
もので、素晴らしい食事がでてきます。
最近では地上の有名店とコラボして、ラーメンなど、ユニークな
ものも食べることもできます。
機内は地上とは環境が違うので、地上と同じ味をだせる保証は
ありません。そういう意味で、航空会社から声をかけられた
有名店も二の足を踏んでいたようですが、最近は航空会社が
頑張って、空に誘致してきています。

マイレージ獲得メール講座(無料)

mail

名前(姓)

メールアドレス

メールアドレス(確認)

※登録したメールアドレスに、確認のメールをお送りします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.