ハワイのタイムシェア購入を本気で考えてみた

bikini-15730_640
少ない予算でも誰にも負けない豪華なハネムーン提案でも紹介したヒルトンのタイムシェアですが、真剣に購入を考えてみました。

ハワイに自分の不動産を持っていて、毎年、ANAマイレージのビジネスクラスを利用して遊びにいく、というライフスタイルもなかなか悪くないな、と思ったので!

タイムシェアは高級リゾートコンドミニアムスタイルの部屋の所有権を1週間単位で購入するシステムです。1年52週計算ですので、単純に考えると1つの部屋を52人でシェアすることになります。タイムシェアは不動産と同じ扱いです。

タイムシェアの購入方法は

  • ヒルトンなどのリゾート開発会社から正規料金で購入する
  • リセール(再販物件)で購入する

の2通りあります。

正規料金だとどんなに安い物件でも500万円以上で、高いところだと3000万円という物件もあります。そこそこいい物件だと1000万円以上が普通です。500万円でも悩むのに1000万円を越えると、毎年ハワイにいっても、ペイできる気がしません。

しかし、リセールだとグッと現実味がでてきます。部屋を所有する権利ですから、別に正規料金で購入しても、リセールで購入しても部屋自体に違いはありません。ただ、リゾート開発会社に対するいくつかの制約があるので注意が必要です。

リセール物件は不動産を手放したい人が売っている物件です。はやく現金にしたい人が手放すことが多いので、かなり割安で購入することが可能になります。大体、正規料金の20%~50%割引で購入することができます。300万円代から売出しにでていて、500万円~1000万円だせば、いい物件を手に入れることができます。

これなら現実的に感じましたが、タイムシェアには思わぬ落とし穴があります。

それが年間管理費です。

これが結構高くて、年間10万円前後かかります。7泊しかしないのに、年間10万円とうい管理費はちょっと高いですね。1泊1万円以上ということになりますから。

ただ、この管理費を浮かす方法を考えてみました。

ヒルトンのホテルはポイント制を採用していて、
例えば、ヒルトンの2LDKオーシャンビューで8400ポイントという物件があります。

8400ポイントの曜日別の割り振りは
月曜日 840ポイント
火曜日 840ポイント
水曜日 840ポイント
木曜日 840ポイント
金曜日 1680ポイント
土曜日 1680ポイント
日曜日 1680ポイント
となっています。

金土日は月火水木の2倍のポイントを消費します。

7泊8日の旅行だと年に1回しか旅行にいけないのですが、

  • 月曜日~木曜日の4泊の旅行
  • 月曜日~金曜日の5泊の旅行

の2回にわけても、合計ポイントは8400ポイントになります。
これなら年2回旅行できるわけです。

もちろん年2回自分で旅行にいってもいいのですが、タイムシェアは自分以外の家族や友人をはじめ、他人に貸し出すことが可能です。タイムシェア物件は普通のホテルよりも相当豪華な部屋ですので、普通に泊まると1泊4万円とかします。だから、年に2回旅行にいくのではなくて、年1回旅行にいって、もう1回分を他の人に貸し出して、その貸し出し料金を年間管理費に充てることができます。

これで、年間管理費を無料にすることができます。

500万円くらいのリセールを狙って、豪華なリゾート物件を手に入れるのも悪くありません。ただ、コストパフォーマンスだけ考えると、都度、泊まりたいホテルに泊まるのがベストでしょう。

結局は住宅の賃貸派と持ち家派と同じような議論に行き着く気がしますね。

まずは、ハワイのヒルトンのタイムシェア宿泊体験をして、90分間のセールスを受けてみることをオススメします。その場で購入せずに、自宅に戻って本当に自分に必要かを考えて、リセール物件も視野にいれて検討しましょう。

ハワイのタイムシェア購入を本気で考えてみると
タイムシェアのリセール物件を格安で購入するなら、ANAマイレージを利用したビジネスクラスでハワイの自分の別荘に行くというライフスタイルをおくることも現実的です。
但し、タイムシェアは割高であることを意識した上で一種のステータスとして購入しましょう。

マイレージ獲得メール講座(無料)

mail

名前(姓)

メールアドレス

メールアドレス(確認)

※登録したメールアドレスに、確認のメールをお送りします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す