夏休みは帰省でANAマイル消費。子供に必要なANAマイル数は?

夏休みに家族で実家に帰省するということで、ANAマイレージの特典航空券を取りました。

マイル利用2013年7月

自分と妻の分が30,000ANAマイル(=15,000ANAマイル×2人)で、1歳の娘が無料です。国内線は3歳未満は席を占有しなければ無料となります。3歳くらいになると国内線でも膝の上に1時間半乗せているのは重くて辛いので、席を取る人も多いみたいですね。

 ANA国内線の子供ルール

 幼児
幼児(搭乗日の年齢が生後8日~2歳のお子様)が特典航空券を利用して座席を占有する場合は大人と同じマイル数での交換が必要です。
 小児
小児(搭乗日の年齢が3歳~11歳のお子様)が特典航空券をご利用の場合は、大人と同じマイル数での交換が必要です。

 ANA国際線の子供ルール

 乳幼児
乳幼児(国際線は2歳未満※1)が特典航空券をご利用の場合、大人と同じマイル数をご利用いただくことにより座席の占有が可能です。一方、乳幼児が特典を利用されない場合は、大人と同じ搭乗クラスの幼児運賃(座席占有不可)または小児運賃(座席占有可)で別途航空券をご購入ください。
※1 ご搭乗時の年齢が対象となります。

 小児
小児(国際線は2歳以上12歳未満※1)が特典航空券をご利用の場合、大人が特典を利用する場合と同じマイル数が必要となります。
※1 ご搭乗時の年齢が対象となります。

子供は必要マイルが半分になればいいのですが、席を占有する場合は、何歳であっても大人と同じマイル数が必要です。家族4人で子供がある程度大きくなると、4人分のマイルが必要になりますので、しっかりとマイルを貯めないといけません。

a1180_009176

今回、娘と実家の両親の初めての対面なので非常に楽しみです。実家から海水浴場まで3kmくらいですので、少しだけ海水浴もさせたいと思っています。
もう少し大きくなったら、年に何度か顔を見せに帰省することができるので、今のうちからANAマイルをしっかりと貯めることに励みます。

ただ、今回は1歳の子供を飛行機に乗せることの不安が大きいです。気圧の変化で耳がキーンとしても、耳抜きができない子供ですので、どうしても泣いてしまいます。周りのお客さんにも迷惑がかかってしまいますので、離陸する前に寝てくれることを祈るのみです。

237775
そういえば、テレビ番組などでコメンテーターとして活躍している漫画家のさかもと未明さんが、2012年末に飛行機に乗っていた際、機内に同乗していた1歳くらいの乳児が泣き叫んでいたことに耐えられず、ぶち切れた出来事がネット上で話題になりました。
母親に対して、「大きくなるまで子供を飛行機に乗せるな」と注意したそうです。この出来事に対して、ネット上で様々な議論が巻き起こりました。(画像はRBBTODAYより)

私は昔から、公共の場で

  • 子供が泣くのが当たり前と開き直って放置している親はNG
  • 周囲に気を使いつつ、子供が泣き止まなくてもちゃんとあやしている親はOK

というスタンスです。親の対応は非常に重要だと考えています。
しかし、子供を世の中が育てていかなくなったら終わりです。

子供に必要なANAマイル
座席を占有する場合は、子供が何歳であっても大人と同じだけのANAマイルが必要。子供を持つお父さん、お母さんは子供を旅行に連れて行くためにもしっかりとマイルを貯めましょう。

マイレージ獲得メール講座(無料)

mail

名前(姓)

メールアドレス

メールアドレス(確認)

※登録したメールアドレスに、確認のメールをお送りします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す