果たしてLCCは日本で生き残るのか

peach

勢いに陰りが見え始めたLCC(Low Cost Carrier)ですが、LCCが日本で生き残っていくのか考えてみました。
※あくまで個人的な意見です。

LCCとは

LCCとは所謂、格安航空会社のことです。
2012年に日本で初めてサービスを開始したピーチ・アビエーションを筆頭にスカイマーク、ジェットスタージャパン、バニラエア等を指します。

基本コンセプトは
「サービスの簡略化、運行の効率化によるフライト料金の徹底的な低価格化」
です。

大手航空会社が設定する格安航空券とは異なり、そもそもの基本料金が安いのが特徴です。ANA、JALといった大手航空会社の正規運賃の10%〜50%まで価格をおさえることに成功しています。

LCCが格安な理由

LCCは主にコストダウンにより価格を下げています。

内容をいくつか挙げておきます。

  • 機内サービスのカット(サービスの有料化)
  • 座席間隔を狭くすることによる座席数の増加
  • 飛行機機材の共通化
  • 空港滞在時間の短縮
  • インターネットによるチケットの直販(中間マージンの削減)

とにかく、サービスより、コストダウンが優先されます。

LCCの安全性

サービスのクオリティを下げているからといって、安全性が損なわれているわけでありません。安全基準は万全です。その点は安心してください。
海外では古い飛行機を利用して、コストダウンしているLCCもあります。しかし、日本では考え方が異なっていて、最新機材を利用することで効率を上げてコストダウンしています。

LCCのメリット・デメリット

LCCのメリットはとにかく「価格」一択です。燃油サーチャージも安いです。

逆にデメリットはサービスの簡略化が最も大きいのですが、その他にも大手航空会社と比較して、意外と困ってしまうデメリットもあります。

  • 遅延・欠航がよく発生する。
  • 欠航した場合、翌日にしか振替できない。欠航により宿泊費等がかかったとしても費用は自己負担。
  • 燃料を余分に積んでいないので、目的地上空で待機することはせずに、着陸できる空港に着陸してしまう。
  • 搭乗が遅れても待ってくれない。

あとは、マイレージ制度がないので、マイラーとしては面白みに欠けますね。

LCCは生き残るのか

LCCの経営は結局、「価格競争」です。何かしらの外部要因で利用者数が減ると、体力のないところから撤退していくのは目にみえています。一定数の需要はあったとしても、日本では成長性の大きくないビジネスだと思います。LCCが上場したとしても、私は投資しないでしょう。

今は体験価値の高いもの・サービスが、より評価される時代になってきています。ANA、JALのサービスは素晴らしいですが、より進化した価値を求められる日は近いかもしれません。

マイレージ獲得メール講座(無料)

mail

名前(姓)

メールアドレス

メールアドレス(確認)

※登録したメールアドレスに、確認のメールをお送りします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.